増加傾向にあるキウイアレルギーに気をつけるべし!

薄茶色した楕円形のカタチと手頃な大きさのフォルムだけでなく、中の果肉の甘酸っぱさが魅力のキウイフルーツ。ビタミンCやカリウムなどの栄養素が豊富に含まれており、風邪予防をはじめ、高血圧や動脈硬化などの血管に関わる疾病にも効果を発揮してくれる果物です。ところが、近年、果物アレルギーの症例が増加傾向にあり、中でもキウイフルーツによるアレルギーが多くなっています。

キウイフルーツによるアレルギーは、1980年代後半くらいから徐々に増えてきています。果物アレルギーの場合、果汁に含まれるタンパク質に起因していることが多いですが、キウイフルーツは、少量の摂取でも非常にアレルギーのリスクが高いタンパク質の成分アクチニジンが原因となっています。

症状としては、唇の痺れや腫れ、喉にイガイガとした違和感があります。またもっと酷くなると腹痛や下痢、吐き気などの症状が起き、気管支炎を発症した症例なども報告されています。多くの場合は加熱するとアレルギー症状を抑えることも可能ですが、キウイアレルギーに関しては、加熱してもタンパク質が壊れることはありません。

甘酸っぱくて瑞々しい栄養満点のキウイフルーツも、アレルギー症状という大きな落とし穴が存在します。今までアレルギー体質ではなかったからと言ってこれからもアレルギー体質にならないという保証はありません。ある日突然発症するケースもありますので、キウイフルーツを食べて異変を感じたのであれば、直ぐに医療機関を受診しましょう。

喉がイガイガしたりしたのを切っ掛けでいろいろ調べていたら喉にも良い成分があることを知りました。BLISK12というものです。国内では口臭外来で使われているのだそうです。

毎日カンタンに歯磨きとかでできたらいいんですが、なにかいいのないですかね。

口臭もすっきりブリアン大人で口臭の治した方とリセット学

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です